韓国の反日デモ国内だけに留まらず?ワシントンの日本大使館前でも発生!

今、世間を騒がせている韓国の日本に対するデモですが、

韓国国内に留まらず、ついにアメリカはワシントンの日本大使館前で

韓国系の団体が慰安婦像公開し、抗議活動を行いました。

また、こちらのデモは日本の朝鮮半島統治からの解放記念日である「光復節」に合わせて実施されました。

これからも、対日デモが大きくなる可能性があるのでしっかりと世界の情勢を頭に入れておきましょう!

スポンサーリンク

ワシントンでの韓国系団体の動き

「ワシントンDC・希望の蝶」と「ワシントン慰安婦問題連合」の2団体が、ソウルの日本大使館前にある慰安婦像の複製像を、トラックの荷台に載せてワシントンの大使館前まで運び、並べられた。

そこでは、約50人が集まり大使館に向かって『慰安婦に正義を!』と約1時間に渡り繰り返されたり、『真珠湾を忘れるな』という慰安婦問題と直接関係のないプラカードを掲げる人物も見られた。

また、『日本が戦争犯罪を認めない限り解放は実現しない。日本は公式に慰安婦に謝罪し、被害者に償うべきだ』などとする声明も読み上げられた。

連合の代表を務めるジュンシル・リー氏は、『日本は自らの犯罪や過ちについてどう対応するのか国際社会に示すべき』と述べ、安倍政権に謝罪を求めた。

また、当初はワシントン市内で慰安婦像の設置場所を探していたが見つからず、近郊の私有地に設置することを模索しているという。

ここで少し!慰安婦とは?

かつて、主に戦地で将兵と性行為をした女性のこと。当時の日本軍は新聞記事で売春婦募集を呼びかけていた。

また、慰安婦を名乗る女性が当時使っていた通帳からは当時、慰安婦は高給職であったことから、性奴隷ではなく売春婦であったことが明らかになっている。

慰安婦像とは?

主に韓国に多数設置されている旧日本軍の慰安婦を模したとされる銅像である。

日本に対する慰安婦問題への抗議のため韓国の団体が日本大使館前に設置したのを皮切りに、韓国内に多数設置されている。

元慰安婦が日本に対しコメントをした!

アジアの報道陣を前に、韓国人元慰安婦の金・福童(キム・ボクトン)89歳

『安倍政権は(慰安婦募集が)民間によるものと言って公式な謝罪をしていない』と主張。

一方で、挺対協の尹美香(ユンミヒャン)常任代表は

『日本政府はなお、自らの犯罪を覆い隠そうとしている』と述べた。

また、集会の代表者が天皇、皇后両陛下に宛てて、安倍晋三首相が謝罪するよう「助け」を求める文書を日本大使館の職員に手渡した。大使館側は「本国に伝達する」としている。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領もコメント

日本の朝鮮半島統治からの解放記念の15日「光復節」の演説で、

日本に「対話と協力」を呼び掛けたことについて、

「外交手段で解決していこうというメッセージを込めた」と肯定的に評価した。

また、日本の全国戦没者追悼式での天皇陛下のお言葉について、好意的に受け止めたという。

まとめ

前記事でも述べていますが、現在の日韓関係は非常に悪く、

デモも頻繁に起こっていて、ましてやワシントンにまで広がりを見せました。

今後、拡大するのか治るのかは、国の動き次第ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました