「やっぱGSOMIAの破棄やめる」韓国側の裏では何が起こっている?

各局の報道番組などで連日連夜報道されている、

韓国の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄の問題ですが、

また、新たに韓国側が条件を突き付けてきました!

日本政府が28日に安全保障上の輸出管理で優遇措置を取る「ホワイト国」から韓国を除外したことで、

韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が連日、日本が措置を撤回すれば、

日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄決定を見直せると発言しました。

スポンサーリンク

韓国側の動き

輸出管理をめぐる対話に日本を引き出す狙いとみられるが、輸出管理と協定を結び付けることに、日本側は疑問を抱いている。

文在寅(ムン・ジェイン)政権の高官からはGSOMIAの価値を否定する発言が相次いでおり、

今後、日韓の対話が始まったとしても、韓国側が日米韓の安保協力に取り返しのつかない傷を付けた事実は消せない。

そのことを受けて、文大統領は過去に対する日本の批判発言を控えている。

高官の会議での動向

「破棄施行までの3か月の間に打開策を見つけ、日本の不当な措置が元通りになれば、協定終了を再検討できる」と述べた。

加えて、「日本政府が事態をこれ以上悪化させないと信じる」と日本に圧力をかけるような発言をした。

また、政権きっての親日派は日韓安保協力の決裂を思いとどまらせようとしている。




一方、鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相は26日に国会で、日米韓安保協力でGSOMIAが持つ象徴性に触れつつも

「軍事情報を交換する面で、それほど効用価値が高くない」と述べた。

韓国メディアによると、文政権になって

「日本から提供された情報を活用して北朝鮮のミサイルを分析したことは一回もない。日本の情報は質が高くなかった」と指摘した。

国民向けに破棄決定を正当化する意図が見え見えである。

Japan Politics

また、 韓国側は27日、安倍晋三首相が韓国に「約束を守るよう」求めたことについて、

「そんな主張は決して受け入れられない」と反発を示した。

日本側の対応

日本側は韓国に頼る必要はないと主張しています。

最近だと、 日本が異例にも韓国政府より26分早く探知した内容を発表しました。

日本の自衛隊の能力を誇示し、韓国に圧力をかけようとする意図がうかがえます。

また、防衛相が発表した

「破棄になっても今まで通り問題ない」

という言葉が話題になっています。

それだけ日本に技術力があるんだという主張のようにも思われます。

まとめ

1か月にわたり続いている日韓関係の問題ですが、

今後どうなるかで、世界の韓国の位置が決まるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました