軽減税率とは?消費税10%に増税後もお得にお買い物する3つのコツ

10月から開始される軽減税率10%も、もう間近に迫ってまいりました。

日々、ニュース番組で取り上げられている問題ではありますが、今回の増税に反対という人も多いのではないでしょうか。

また、軽減税率ということで何が8%?10%?と把握しきれない人も多いと思います。

本当にややこしいですが、開始が決まった以上受け入れるしかありませんので、

今回は、増税後もお得にお買い物ができる知識を皆様に知っていただきたいと思います!

ものによっては、お金が返ってきたり、商品が安く買えたりするかもしれませんよ!

また、イートインやフードコートなどはどうなるのかも紹介して行きたいと思います!

スポンサーリンク

8%と10%の区分

今回開始される軽減税率とは、物によって8%か10%かかかる消費税が変わるというものです。

これから、頭が紺がると思いますがついてきてください(笑)

初めに、食料品に関して人間の食べるものとそれ以外で異なります。

ここからは分かりやすいように、

8%:赤   10%:青     で色分けしまとめていきたいと思います。

増税後ー8%のままのもの

  • 食料品や飲み物
  • 調味料
  • ノンアルコールビール
  • お弁当やテイクアウト
  • 出前
  • 公共施設への給食やお弁当
  • 使い捨ての容器
  • 医薬品や医薬部外品以外のドリンク

こう見ると、今までとそんな変わらなさそうですね。

増税後ー10%になるもの

  • 家畜(牛・豚・鳥)
  • ペットフード
  • お酒
  • 外食
  • 社内の食堂
  • シェフを呼んでの出張料理
  • 皿などの洗って何度も使える容器
  • 医薬品や医療部外品

お祭りなどの屋台で食べるとどうなる?

屋台で買って、歩きながらや公園のベンチで食べるのは8%

しかし、たこ焼きやラーメン屋などで買ったものを店が設ける机や椅子で食べたら10%になります。

フードコートで食べるとどうなる?

大型ショッピングモールの中にあるフードコートで食べると10%になります。

お得になる3つのコツ

さて、ここからが皆さん知りたいところでしょう!

今回の軽減税率に対抗して、様々な企業が我々国民目線の対策をしてくれています。




クレジットカードを使う

クレジットカード会社大手の、

「JCB」「三井住友カード」「三菱UFJニコス」「クレディセゾン」「ユーシーカード」

の5社が、10月の消費税増税に当たりキャッシュレス決済利用でポイントを還元する制度を開始すると発表しました。

こちらは店の種類によって変わりますが「最大5%」を還元するというもの。

飲食店や宿泊施設は5%、コンビニやガソリンスタンドは2%、大手のスーパーや百貨店などは還元なしといった感じで様々です。

QRコード決済

QRコード決済とは、スマホアプリの画面上にQRコードを表示させて読み込んでももらうだけで支払いができるといったものです。

代表的なサービスは、「楽天Pay」「PayPay」「LINE Pay」「 Origami Pay 」「d払い」です。

こちらは、1.5%から3%還元されるといったものになり、貯まったポイントで買い物が出来ます。

なので、買い物時にはクレジットカードを使うかQRコード決済を使うかを見極め使い分けることでよりお得にお買い物が出来るようになります。

また、このサービスはもうすでに始まっているので今すぐにでも使ってみてもいいかもしれませんね!

マイナンバーカードを使用

マイナンバーカードを使用して買い物をすると「自治体ポイント」というものが貯まるという仕組みになっています。

自治体ポイントは、 クレジットカードや航空会社のマイレージなどを、

好みの市町村の自治体ポイントに交換・合算することで、地域の商店街での買い物や地域の特産品購入などに使えるといったものになってます。

まとめ

今回は軽減税率という日本初の制度について取り上げてみました。

知らない方も多いと思いますが軽減税率は、ヨーロッパではすでに取り入れられているらしいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました