ラファエル初書籍「無一文からのドリーム」を発表!最新の年収も!

スポンサーリンク

今回は、自称自給日本一YouTuberのラファエルさんが初の書籍の出版が9月27日に決定しました。

ラファエルさんは今まで壮絶な人生を送ってこられたからこそ掴み取れた成功を自伝書いておられます。

現在、チャンネル登録者133万人総再生回数2億5000万回を超えています。

これだけ多くの人に見られていますが、実は1度チャンネルをBANされています。

そんなラファエルさんの壮絶な過去から、現在の栄光を掴み取るまでをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ラファエル初書籍「無一文からのドリーム」のあらすじ

大阪府で生まれ、幼稚園の頃に両親が離婚し、母親と姉との3人で小さなアパートで暮らしていました。

その後、母子家庭のため経済的に厳しくて、住まいを転々としていました。

定時制高校を卒業して、パチンコ店でアルバイトに明け暮れます。そこで自衛隊と出会い入隊しました。

サラリーマンとして営業職で培ったトーク力を駆使してサラリーマンを続けつつYouTubeを始めました。

自衛隊で鍛え抜かれた肉体や、サラリーマン時代の営業で培ったトーク力などを武器に、瞬く間YouTuberとして、現在までに大成長しました。

このように前半では、恵まれなかった壮絶な過去を、

後半では、営業マンの経験を経て、時給日本一YouTuberとなったラファエル流・仕事術などが紹介されています。

書籍「無一文からのドリーム」の構成

こちらの書籍は5章からなっています。

[第一章]

 幼少期 両親の仲は悪いし、お金もない けれど、僕なりの生き方が構築された

[第二章]

 思春期 まったく勉強しないで遊んでばかり でも、その経験が今に活かされている

[第三章]

 青年期 自衛隊として、営業マンとして、僕は無我夢中で生きていた

[第四章]

 YouTuber期 ついに手にした無一文からのドリーム 僕は夢の中にいながら、次を考えている

[第五章]

 ビジネスマン必見! ラファエル流・仕事術

ラファエルの年収は?

ラファエルは、2018年度の自称カリスマYouTuberのヒカルさんとの質問コーナーで、

「年収は?」という質問に対して、4億円ギリないくらいと答えていました。

単純計算ですが、月収3300万円ほど稼いでることになります。

また、現在の収入についてはいろいろな動画でおっしゃられていますが、

YouTubeだけで月5000万円稼いでいると公言しています。これだけお金が稼げれば派手な生活になることもわかりますね。

また、ラファエルさんはYouTuberだけにとどまらず、会社を5つ経営しているそうです。

なので、必然的に収入の方も月に1億近くあると思われます。

ラファエルは会社を5つ経営している

ラファエルは、自身の動画の中で会社を5つ経営していると明かしています。

これだけの会社を経営されていて、さらにはYouTubeも毎日更新しているということで、毎日忙しい日々を送られていると思います。

また、会社を5つやっていることは分かっていますが、会社の詳しい情報は出しておられません。

1つ分かっているのが、アプリの制作会社をやっていることです。

ですが、その会社は赤字にはなっていないものの、月200万円ほどの利益が出るみたいです。

ラファエルさんからすると、少なく感じておられるかもしれませんね。




ラファエルのYouTuberとしての活躍

ラファエルは、当初「Next Stage」というヒカル・ラファエル・禁断ボーイズで結成されたグループで、YouTube界を、一躍盛り上げていました。

ですが、1度炎上をしており、復帰後のチャンネルBANなどがありましたが、現在は過去を上回る人気があります。

また、最近ではドンキホーテの大原孝治社長とコラボするなど、普通では見れない動画が多数あります。

ラファエルさんの動画の多くが企業案件であり、案件一つで300万円ともいわれています。

1か月に40本ほどの動画を出されているので、考えてみると怖いくらいの金額になりますね。

まとめ

今回は、人気ユーチューバーのラファエルさんについてご紹介させていただきました。

ラファエルさんは、ユーチューブの急上昇ランキングにもよくお見掛けすることがあります。

また、動画もすごく面白いものが多いので是非ご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました