立花龍介の大学・高校がすごい!入社5か月で初演出を果たせた理由

スポンサーリンク

テレビ朝日入社5か月目で、初の番組演出を果たした立花龍介さんが話題になっています。

普通は、長年の下積みを経てやっと、番組の制作を任されるようになることを、5か月で成し遂げるのは本当にすごいですね!

また、立花龍介さんは高学歴・スポーツ万能でしかもイケメンといった感じで、男性の憧れですよね。

今回は、そんな立花龍介さんについてまとめましたので、是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

立花龍介の大学・高校などのプロフィール

  • 名前:立花龍介(たちばな りょうすけ)
  • 生年月日:1995年2月25日(現在25歳)
  • 出身地:大阪府
  • 高校:大阪桐蔭高校
  • 大学:京都大学 医学部 人間健康学科
  • 職業:テレビ朝日社員

京都大学の医学部に通っているなんてすごいですね!

医学部というと、卒業後は医者になる人がほとんどだと思いますが、立花龍介さんはテレビ制作の道を進んだということですごい決心だと思いました。

立花龍介の高校はスポーツ強豪の大阪桐蔭

大阪桐蔭は、関西で知らない人がいないといっても過言ではないくらい、ほぼすべての競技において、上位にランクインしています。

特に、野球・サッカー・ラグビーでは、圧倒的な差を見せて優勝など多数獲得しています。

そんな大阪桐蔭高校に、立花龍介さんは通っていました。

立花龍介さんは、野球部とサッカー部に入っていたらしいです。

大阪桐蔭の中でもストイックなこの2つの部活に入るということは、よっぽど運動神経がよく、スポーツが好きだったんでしょうね。

立花龍介は京都大学でアメフト部で活躍

スポーツ万能な立花龍介さんは、大学でアメリカンフットボール部に所属していました。

ポジションはDB(ディフェンスバック)を担当していて、背番号は5番でした。

身長は168cmと小柄ですが、足の速さは誰にも負けなかったといいます。

入部動機は「アメフトが好きだから」と言っています。

また、アメフトは4年間続けていたそうです!

立花龍介が初演出を果たした「ポロリ記念館」

立花龍介さんが入社5か月にして番組の演出をすることになりました。

番組の出演者は次の通りです。

 
  • MC:徳井義実
  • 進行:斎藤ちはる
  • ナレーション:飯豊まりえ

また、初回のゲストには「お母さんに似ている」という理由で榊原郁恵さんが選ばれました。

この番組には、立花龍介さん本人も出演されているといった珍しい形です。

他の出演者を選んだ理由も変わっています。

徳井義実さんは、「小さい頃から憧れていた」という理由で、

斎藤ちはるアナウンサーは、「会社の同期で仲がいい」という理由で選んだといいます。

初演出「ポロリ記念館」収録での様子

 初演出ということもあり、多数のボロが出てきました。

ですが、徳井さんや、榊原さんらが上手くツッコミを入れたことにより笑いに変わりました。

収録を終えて徳井さんは、

「今までにない感じの新しい番組。ワクワクしながら収録に臨みました。収録自体もすごく楽しめました!  新入社員である立花くんの初々しさもあって、とても新鮮な体験が出来ました。」とコメントを残しました。




また、収録を終えて立花さんは、

「人気のある有名な番組はベテランの演出の方が作っているものであって、ボロが出たりすることはまず無いと思うんですけど、この「ポロリ記念館」は、僕のボロが出ちゃったりしてしまいました。」と反省した様子でした。

初めは誰にでも失敗はあることなので、これから経験を積みどれほどいい番組が出来ることでしょうね!

まとめ

今回は、テレビ朝日入社5か月で番組の初演出を果たした立花龍介さんについてご紹介しました。

立花龍介さんは、高学歴ということもあり、頭の回転が速い分、他の人とは違った発想を生み出せると思います。

番組制作者として、様々な経験を積み、おもしろい番組を生み出してくれることを期待しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました