美山加恋の子役時代がすごかった?「仮面ライダーゼロワン」に出演決定!

特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」に出演が決定し、Yahoo!リアルタイム検索では、美山加恋がトレンド1位になりました。

子役時代には、素晴らしい演技を披露し「天才子役」とまで言われるほどでした。

そんな美山加恋さんは女優だけではなく、声優のお仕事もされていました。

今回は、美山加恋さんについてまとめたので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

美山加恋が「仮面ライダーゼロワン」出演決定!

最近は声優での活躍も増えてきている美山加恋さんが、

10月6日放送の特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」第6話「アナタの声が聞きたい

Yes!プリキュア5」などで知られる伊瀬茉莉也と共に出演が決定しました。

アニメ制作現場で活躍している、声優型ヒューマギアの香菜澤セイネ役を務めます。

人類滅亡をたくらむテロリストと、それを阻止するために戦う仮面ライダーゼロワンのあつい物語となっています。

仮面ライダーゼロワン」に出演することができ美山加恋さんは

「プリキュアシリーズ」に出演していた時は、「仮面ライダー」とは近い場所で1年間過ごさせていただきました。

その頃にはアフレコでスタジオ向かう際にライダーチームの撮影を見かけたり、夏休みのショーでもお隣になったりと、何かと出会う機会があり、いつか関われたらすごいなぁと思っていました! 実現できてとても嬉しかったです!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00000010-nataliee-movi

と喜んでいるコメントをしてくれました。

美山加恋の子役時代

美山加恋さんは、2002年に舞台てるてる坊主の照子さん」に6歳で子役としてデビューしました。

その後、2004年に草彅剛さん主演のドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」に出演し小柳凛を演じて注目を浴びました。

ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」は平均視聴率20.8%ととても人気があるドラマでした。

難しい演技をうまく表現し、一躍「天才子役として絶賛され有名になり、ブレイクされたそうです。

その影響もあり、第40回「ザテレビジョンドラマアカデミー賞にて助演女優賞と新人賞をダブル受賞しました。

さらにその2年後の2006年に、映画「ちびまる子ちゃん」の実写化のたまちゃん役を演じ、その同年に、NHK連続テレビ小説『純情きらり』宮﨑あおい演じるヒロインの子ども時代を演じました。

美山加恋は多数のドラマに出演

美山加恋さんは、子役時代から活躍しており多数のドラマに出演されています。

 出演ドラマ

  • 本当にあった怖い話 夏の特別編 (2004年)
  • 世にも奇妙な物語  秋の特別編 (2004年)
  • 下町ロケット (2011年)
  • トレース〜科捜研の男~ (2019年)

美山加恋は声優でも活躍

美山加恋さんはアニメの声優もしておられます。

 出演作品

  • エンドライド (2016年)
  • プリキュア  (2017年)
  • アイカツフレンズ! (2018年)

アニメ「エンドライド」でいきなり初主演を演じ、はじめの数話は経験不足でいい評価ではありませんでしたが、回数を重ねるうちにアニメの後半ではしっかりと役を演じており好評でした

今では経験を積み、芸能人が声の担当をしていると、ばれないほどまでになりました。

まとめ

今回は、美山加恋さんの子役時代、出演作品についてまとめました。

美山加恋さんは子役時代から活躍されており、天才子役ともいわれていました。

声優のお仕事もされており、幼い女の子から絶大な人気を誇るアニメ「プリキュア」に出演されていました。

10月6日に放送される、特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」の出演が注目です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました