玉城ティナがひどい肌荒れを治した方法とは?学歴(高校大学)経歴は?

父親がアメリカ人でハーフである玉城ティナさん。とても美しくてかわいいですね。

しかし、一時期肌が荒れていて話題となりました。

そんな玉城ティナさんの出身は沖縄県で、高校に進学するために東京に上京しました。理由が気になります。

今回は、そんな玉城ティナさんが

  • ひどい肌荒れを直した方法
  • 学歴

についてまとめたので、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

玉城ティナがひどい肌荒れを治した方法をご紹介

女優もされモデルもしていて、かわいい美少女として注目を浴びている玉城ティナさんが一時期肌荒れが荒れていて話題になっていたようです。

肌が荒れた原因は、当時玉城ティナさんは15歳で思春期だったため、ホルモンバランスが崩れていて肌が荒れた可能性があります。

この時期は、一番肌荒れに悩まされる時期だと思います。

肌が荒れていた時期の玉城ティナさんです。確かにあれていますね(笑)

玉城ティナが肌荒れを治した方法

玉城ティナさんが肌荒れを治した方法は大きく分けて3つあります。

 
  • 生アロエパックでのケア
  • 健康的な生活習慣
  • 年齢的ホルモンバランスが安定

一つ目は、生アロエパックでのケア。アロエはシミや黒ずみを発生させる原因「チロシナーセ」という酵素を抑える役割があります。さらに、ニキビケアはもちろん、ニキビ跡を目立たないようにする効果もあるそうです。

二つ目は、健康的な生活習慣。玉城ティナさんは、和食を多くとっており野菜をたくさん食べていることになります。野菜には肌荒れを抑える成分、ビタミンBビタミンCが多く含まれております。睡眠もしっかりととり生活習慣から治していきました。

三つ目は、年齢的ホルモンバランスが安定。肌荒れは、ホルモンバランスが崩れてなるのも一つの原因です。成長期を終え年齢的にホルモンバランスが落ち着いてきた可能性もあります。

玉城ティナの学歴(高校大学)を調査

玉城ティナさんは、中学生のころは地元の沖縄県にある学校に通っておりましたが、

高校は、日出高校(目黒日本大学高等学校)に進学すために沖縄から東京に上京しました。

なぜ、日出高校に進学するために上京したのかというと、中学3年生のころに講談社もオーディションでグランプリを獲得したため、本格的に芸能活動をするため日出高校の芸能コースに進学しました。

日出高校は非常に多くの芸能人の卒業生を出していることで有名で、

俳優の本郷奏多さんや、女優の北乃きいさん、モデルの滝沢カレンさんなどたくさん有名な方がいました。

玉城ティナの学歴(大学)を調査

玉城ティナさんは高校卒業後、どこの大学に進学したか話題になっていました。

しかし、高校時代の時に人気が出て芸能活動1本で頑張ると決め大学には進学しませんでした。

というわけで、最終学歴は高卒となります

最近、ネットニュースでよく見る玉城ティナさん、いろんな番組に出演されているみたいですね。

今後の活躍にも期待したいです!




玉城ティナの経歴

玉城ティナさんは、アメリカの父親と日本人の母親のハーフとして生まれました。

そんな玉城ティナさんの趣味は、音楽鑑賞やおしゃれをすることで、中学生の時に、実家の家の近くで体操服を着て歩いていたら、事務所の社長にスカウトされたそうです。

その後、「ミスiD2013グランプリ」を受賞して、最年少タイとしてViVi専属モデルになりました。

その時、元AKB48の島崎遥香さんなどからの女性アイドルからも注目を集めていたそうです。

さらに、2014年1月高校生の時に、ドラマ「ダークシステム 恋の王座決定戦」でヒロイン役として女優デビューを果たし、

翌年の、2015年6月27日に公開された映画「天の茶助」で映画初デビューしました。

2017年には、NHE教育の「シャキーン!」でうさぎのお姉さん役を演じて、かわいいと話題になったそうです。

そして、2018年10月23日、年内をもってViVi専属モデル卒業を発表されました。

卒業した理由は

「年齢だけ聞くと早いんじゃないかと思われる方もいるんですけど、物事を決めるとき、私は先に決めてからついてくるタイプ。私的にはちょうどいい時期なんじゃないかなと思って決めました。」

https://news.mynavi.jp/article/20181023-712143/

と卒業の理由を説明してくれました。

玉城ティナの学歴(高校大学)経歴は?ひどい肌荒れを治した方法とはまとめ

今回は、玉城ティナさんの学歴(高校大学)経歴、肌荒れを治した方法をまとめました。

玉城ティナさんは、まだまだ女優として活動していますので、今後ドラマや映画に出演されるのが期待です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました