森七菜が初朝ドラマ『エール』出演!学歴や経歴がすごい!

2020年3月30日に放送開始予定の窪田正孝主演の朝ドラ『エール』に、女優の森七菜さんが初出演することが決定しました。

森七菜さんは天気の子のヒロイン声優を務めたことで話題となりました。

森七菜・松井玲奈・女優の二階堂ふみさんとの共演で、3姉妹の役を演じます。

今回は森七菜さんの朝ドラ出演、学歴や経歴についてまとめましたので是非最後までご覧ください!!

スポンサーリンク

森七菜が初の朝ドラマ『エール』に出演決定!

森七菜さんが初出演する朝ドラの『エール』のあらすじをご紹介します。

昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家である主人公の古山裕一(窪田正孝)とその妻・ヒロインの関内音(二階堂ふみ)の物語です。

音の母・関内光子(薬師丸ひろ子)は、新時代では、女性もしっかり自立すべき考え3人の娘をそれぞれ自分の好きな道に進ませようとし、

音の父・関内安隆は、軍用具を開発する会社を経営しており、音楽好きなため、3人の娘たちには色々な楽器を習わせたいという優しい父親を演じます。

音の姉・関内吟(松井玲奈)音の妹・関内梅(森七菜)とは3姉妹です。

また、こちらの朝ドラ『エール』では、現在すでにゲスト出演が決まっている平田満さんは、

軍関係に物品を納入している業者で、音の父・安隆の商完にも協力している打越金助役を演じます。

森七菜の学歴がすごい!(中学)

大分県で生まれ育った森七菜さんは、『大分市立東陽中学校』に通っていました。

『大分市立東陽中学校』は、大分市下徳丸にある小中一貫校です。

なので、森七菜さんは近所ということもあり、小学校から通っていたと思われます。

また、中二の夏休みに家族で飲食店で食事をしていたところ、スカウトされたのがきっかけで、芸能界に入りました。

森七菜の学歴がすごい!(高校)

森七菜さんは高校を卒業した後、大分市にある『大分高校』です。

『大分高校』は、普通科選抜コースだと偏差値が64で、大分県内ランク8位と、とても賢い学校に通っていました。

私立の学校で、サッカー部の強豪として知られ、多くのサッカー選手が卒業しています。

また、中学校の時にスカウトされたため、高校では部活動などはせず、日々演技や女優になるための稽古を受けていました。

新海誠監督の最新作『天気の子』のヒロイン声優に選ばれたのも高校在学中だったので、大分と東京を行ったり来たりしていたと言います。

森七菜の経歴

森七菜さんは生まれてから現在まで大分県で過ごしています。

先ほどもご紹介しましたが、中学生の時に家族で食事していたところをスカウトされて2016年に芸能界に入りました。

森七菜さんの映画デビューは2017年7月に公開された映画『心が叫びたがってるんだ。』で映画初出演を果たし、主人公に関わる重要な役を演じました。

その後10月にドラマ『先に生まれただけの僕』でドラマ初出演を果たし、そこから女優として並みに乗りました。




また、2019年1月に放送され、高視聴率を記録したドラマ『3年A組−今から皆さんは、人質です−』森七菜さんが出演し、大きな反響を呼びました。

2020年公開予定の岩井俊二監督による映画『Last Latter』のオーディションでは、

監督が『広瀬すず以来の素晴らしい女優だ』と絶賛し、出演が決まりました。

この若さでこれだけ期待されている森七菜さんはこれからどれだけいい作品を作り出してくれるのか楽しみですね!

森七菜−初出演・学歴・経歴のまとめ

今回は波に乗っている女優森七菜さんをご紹介しました。

テレビ界では大いに期待されているので、これからの活躍が楽しみですね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました