内田斉の職業や経歴がすごい!?妻がアンティークショップを経営!

スポンサーリンク

10月24日放送のバラエティ番組『アウト✖️デラックス』に出演の内田斉さんは、

ドラゴンボールの大ファンで、自宅にあるコレクションは10000点以上にもなり、

なんとドラコンボールのグッズ所持数が世界ギネス記録に認定されました。

今回はそんな謎の内田斉さんについてまとめましたので、是非最後までご覧ください!!

スポンサーリンク

内田斉の職業は何をしている?経歴もやばかった!

内田斉さんが今回テレビ出演されたということで、プロフィールをまとめてみました。

 内田斉のプロフィール

  • 名前:内田 斉(うちだ ひとし)
  • 生年月日:1969年
  • 出身地:群馬県高崎市
  • 出身高校:高崎工業大学
  • 出身大学:東京大学〜大学院

内田斉の職業は何をしている?

内田斉さんは日本の最難関である東京大学の大学院を卒業した後、

様々な社会経験や、自身でも会社経営などをしていました。

しかし、ドラコンボールのグッズを集める為に自身がやっていた仕事を辞めてしまいまいした。

また、現在はのちに記事を書いていますが、妻である内田文郁さんと共にアンティークショップを開業し、現在はオーナーとして活躍しています。

内田斉の経歴

内田斉さんは東京大学卒業から、アンティークショップ開業までに様々な会社の経営に携わっていました。

1994年には、『アライドコンサルティング株式会社』の取締役として経営に携わり、

その後に、子会社として『アライド・ブレインズ株式会社』を設立し、会社を軌道に載せました。

また、2011年にはコンサルとして関わっていた『イデア・フロント株式会社』の代表取締役を任されました。

会社経営だけではなく、内田斉さんは『金沢大学』の教授としても1年間務めていました。




内田斉の妻はアンティークショップを経営している

内田斉さんの妻である内田文郁さんは、2005年に東京都は目黒区にアンティークショップ『JANTIQUES』をオープンしました。

妻の内田文郁さんはオリジナルブランド『FUMIKA_UTIDA』を2014年冬から手がけており、2018年10月には本郷3丁目に初の路面店を出店し、話題になりました。

『FUMIKA_UTIDA』では、ファンミんでリラックスしたコレクションや、独特な世界観が人気を博して、大好評です。

内田斉が歴史を変えた?

内田斉さんは実は『日本のヴィンテージの歴史を変えた伝説』と言われています。

内田斉さんが作り上げた事務所がには、

  • 年代物の家具
  • 壁一面に貼られた世界地図
  • 美しく並べられたヴィンテージもの

という、まさに男のロマンそのものです。

また、内田斉さんが家に飾っているヴィンテージの数々は、当時の日本にはまだなかった、海外のものを日本に取り入れ、販売もしていたことなどから、話題になりました。




内田斉 まとめ

今回は内田斉さんについてご紹介しました。

これだけ自分の趣味に没頭できるのは、とても羨ましいですね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました