林家たま平がめざましテレビ抜擢!高校時代ラグビーで全国に!?

7月に放送されていた大泉洋さん主演のドラマ『ノーサイド・ゲーム』に出演したことで一躍話題となった落語家の林家たま平さんが、

11月から朝の報道番組『めざましテレビ』に、プレゼンターとして毎週火曜日レギュラー出演することが発表されました。

また、林家たま平さんは朝の情報番組でプレゼンターをするのは初めてだと言います。

今回は、そんな林家たま平さんについてまとめましたので、是非最後までご覧ください!!

スポンサーリンク

林家たま平が『めざましテレビ』のプレゼンター抜擢!

祖父が落語家の林家三平で知られる林家たま平さんが、11月からフジテレビ朝の情報番組『めざましテレビ』マンスリーエンタメプレゼンターに抜擢されました。

林家たま平さんが出演するのは、11月からの毎週火曜日 ・午前4時55分からです。

おなじみの通り番組は生放送で、林家たま平さんは軽部真一アナと共に様々なエンタメニュースをお茶の間に届けます。

また、林家たま平さんは、朝の情報番組に出演するのは初めてで、今回の抜擢にとても気が入っているよいうです。

林家たま平が抜擢されたマンスリーエンタメプレゼンターとは?

マンスリーエンタメプレゼンターとは、

現在芸能界で活躍している旬である俳優・アイドル・芸人・タレントなどが、ゲストとして出演するのではなく、アナウンサーと共にニュースを伝えていくと言ったものです。

担当するのは、エンタメコーナー・『イマドキ』・『めざましじゃんけん』などをお届けします。

また、アナウンサーのように生で原稿を読み上げたり、芸能界目線でのコメントをしたりと、視聴者も新鮮な気持ちで番組を見ることが出来ます。

マンスリーエンタメプレゼンターは、1ヶ月ごとの交代制のため、その月限定と言うのも見所の一つです。

林家たま平をプロデューサーが大絶賛!

番組チーフプロデューサーを務める高橋龍平さんは、今回の林家たま平さんを抜擢した理由を語っていました。

「老若男女、誰にでも愛されるそのキャラクターと存在感に引き込まれ、今回エンタメプレゼンターをお願いしました。

落語界初の親子四代落語家にして、将来が期待されているたま平さん。

初情報プレゼンターとなりますが、視聴者にどのような“言葉”で情報を届けてくれるのか、今から楽しみです」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191101-00000014-mantan-ent




林家たま平の高校時代ラグビーがすごかった

落語家の林家たま平さんは、『明治大学付属高等学校』に通っていました。

系列校の中学校から内部進学した林家たま平さんは、体系がガッチリしていたことなどからラグビー部に所属していました。

そのラグビー部では、東関東ベストプレイヤーに選ばれたり、海外からオファーがくるほどの実力がありました。

しかし、それほどの実力を持っていたにも関わらず、林家たま平さんはラグビーの道に進まず、家柄が代々続く落語家のため、落語家の道を選びました。

林家たま平がめざましテレビに抜擢 まとめ

今回は落語家の林家たま平さんについてご紹介しました。

しゃべりのプロが朝の報道番組を務めると言うことで、世の中の期待は大変高まっていることでしょう。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ryo38をフォローする
きーぎにゅーす

コメント

タイトルとURLをコピーしました