SNSが主流の現代『固定電話恐怖症』が流行に!?克服方法を詳しく解説!

固定電話恐怖症とはどのようなものなのか、まだご存知ない方は先にこちらの記事をご覧ください!

こちらの記事から進まれた方、おめでとうございます。

ここからは克服方法について詳しくまとめているので、固定電話恐怖症を克服するまであともう少しです。

スポンサーリンク

固定電話恐怖症の克服方法

固定電話恐怖症になってしまうのを事前に対策しておく事はとても重要です。

しかし、固定電話恐怖症と言うのは、かかってしまっても周りからの情報がないと自分では気づく事が極めて低いです。

そのため、症状をご覧になって自分に当たる節がある方は克服方法をしっかりと理解して、実践していきましょう。

固定電話恐怖症の克服方法➀ 敬語を意識しすぎない

大学生などの就職活動から新入社員となった若手の中には、敬語の使い方に慣れていない方が多いかと思われます。

日本語や敬語を正しく使えた方が良いのは当然ですが、正しく使うことを気にしすぎて頭が真っ白になってしまっては意味がありません。

さらには、敬語を気にしすぎてしまって逆に失礼な言い方をしてしまうと言ったことも良く起きます。

そのため、電話をすることに慣れるまでは敬語を気にせず、基本的には『です・ます』など簡単な丁寧語で会話をするようにしましょう。

すると、敬語のことで頭がいっぱいにならず、相手の言っている事を聞き取れるようになって行きます。

固定電話恐怖症の克服方法② オウム返し

『オウム返し』は会話を続かせるテクニックとして、知られている方法です。

固定電話が鳴る、と言うことは相手側が何かしらの用件があると言うことが分かると思います。

オウム返しとは相手が言った言葉そのまま繰り返すだけです。そう聞くとよく分からないかもしれませんが皆さんも普段使っている・相手が使っている時があると思います。

例えば「商品が壊れたから交換の申し込みをしたいんだけど」と言われたら、

そのまま「交換の申し込みですね」と繰り返します。

この時、商品のことを考える必要はなく、言葉を繰り返しつつ話をよく聞きます。

そして相手の用件を全て聞き終わると、保留にしたり折り返しにしたりして後からじっくりと考えれば大丈夫です。




また、『オウム返し』はこちらにとってのメリットだけではなく、相手の話をしっかりと聞いていると言うアピールにもなるので一石二鳥であるため、是非使ってみてください!

固定電話恐怖症の克服方法③ 最後に相手の情報を聞く

電話に出てからは『オウム返し』でしっかりと相手の用件を聞いてメモをとります。

そして最後にこのように聞きます。

「では、折り返しご連絡いたします。恐れ入りますが、担当者様のお名前とお電話番号をもう一度お聞かせいただけますでしょうか。」

この時、声などで相手の名前がわかっている場合は電話番号だけを聞くようにしましょう。不安な時は両方聞いておきましょう。

それだけで十分です。電話での応対に慣れるまではご紹介したステップをしっかりと踏んでください。

固定電話恐怖症 克服方法 まとめ

今回は固定電話恐怖症の克服方法について詳しく見ていきました。

最近のニュースで、『固定電話を廃止した企業』が紹介されており、結果的には残業時間が減り業績も好調に上がっているそうです。

このような現在はありますが、今は固定電話を設置している企業がほとんどだと思いますので、しっかりと取り組んでいきましょう。

ライフ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ryo38をフォローする
きーぎにゅーす

コメント

タイトルとURLをコピーしました