スッキリでも紹介された固定電話恐怖症とは?対策や克服方法を解説!

皆さんは電話に出るのはことに抵抗はありますか?

現在若者の間で固定電話に出ることに抵抗を感じる、固定電話恐怖症になる人が急増しています。

『LINE』をはじめとするSNSが連絡の主流になった今では、気付かないうちになっていると言う方も多いです。

そのため、この記事を通してどのような症状をしっかりと読んで自分と照らし合わせ、条件に当てはまった方は、後半の対策方法克服方法をご参考ください!

スポンサーリンク

固定電話恐怖症とは?症状はどうなの?

固定電話恐怖症とは、20〜30代前半の人に多く症状が見られ、会社にある固定電話を取ることに恐怖心やストレスを感じることです。

こちらは固定電話が主流だった昭和生まれの世代にはあまり見られず、

昭和世代の会社員の方々は若者の同僚がほとんど電話に出ようとしないことが問題になっています。

また、東京で働く20〜34歳の会社員を対象に行われたアンケートで、会社での固定電話の対応にストレスを感じると回答したのは7割以上でした。

固定電話恐怖症を引き起こす原因は?

固定電話恐怖症を引き起こす原因として考えられている事がらは以下の2つが考えられます。

 
  • 携帯電話の普及により、固定電話を置いている家が少ない
  • LINEなどのSNSが主流になったため、相手に対する返事を考える余裕がある

20年前までは携帯電話と言うものは珍しく、ほとんどの家に固定電話が置かれていたため、親の留守時などに電話が鳴った時、

代わりに電話に出ると言う事を子供の頃から続けている家庭が多いかったです。

しかし、携帯電話の普及によって固定電話を設置している家庭が年々減少しており、経験不足から就職後の固定電話の対応に困ってしまうと考えられます。

固定電話恐怖症の症状はどうなの?

これらの原因から引き起こされる固定電話恐怖症の症状はどうなのでしょうか?

固定電話恐怖症の症状をご紹介していきますが、実際には自覚出来ていない物が多いので、『知らない間に自分もそうだ』と言う方も多いと思われます。

 固定電話恐怖症の症状

  • 電話が鳴ると緊張する
  • 電話をかける前に一言目を考える
  • 会社名など、決まった言葉に詰まってしまう
  • 留守番電話にメッセージを入れられない

この4つを見てみると、普段から意識してしまっていることが私にもありました。

また、この条件に当てはまっているからと言って心配ありません。

ここからは対策方法と克服方法をご紹介するので、一つでも当てはまっていた方は克服方法を、当てはまっていない方は対策方法をご覧になり、しっかりと実践する事で人生を有意義なものにしてください。

⬇︎⬇︎固定電話恐怖症の克服方法はこちら⬇︎⬇︎

固定電話恐怖症の対策方法を解説

固定電話恐怖症は、原因から考えると大人になるまでの成長環境を通した経験不足から引き起こされていると考えられています。

そのため、子育てされている親御さんが子どもを固定電話に慣れさせる教育も必要ですが、自身でも対策方法を実践していくことで効果が徐々に現れてくるでしょう。

固定電話恐怖症の対策方法➀ セミナーに参加する

企業が開催しているセミナーに参加し、基本的な知識をしっかりと学ぶ。

こちらのセミナーでは、会社での電話応対をスムーズに行えるようなテクニックや、個別的に自分の不安な点を相談出来たりします。

しかし、いちいち足を運ぶのが面倒と言う方のために、こちらの記事では対策方法と克服方法をしっかりとご説明しています。

固定電話恐怖症の対策方法➁ 電話応対の研修

現在の若者の家庭で固定電話に全く出ない環境から、会社に入社していきなり電話応対をさせられる事から、固定電話にでるのに緊張してしまうと言う人が増えていると少し前で記述しました。

そのことから、新入社員に対して電話応対の研修をしっかりと行うことによって、固定電話が鳴った際に自信を持って電話に出る事ができるようになる方が増えます。




また、電話の応対に関しては就職系に特化した専門学校などで、電話応対の仕方(研修相当)が授業に組みこまれている学校も多いです。

このような研修が会社や学校で行われていないと言う方は、ネット上で『電話応対 マニュアル』『電話応対 基本』と検索してくださると、たくさんの例文が出てきます。

その例文に1度でも目を通していただくと、大体の流れが頭に入ると思います。

固定電話恐怖症の克服方法

固定電話恐怖症の克服方法はこちらの記事でご紹介しておりますので、是非ご覧ください!

固定電話恐怖症とは? 対策方法 まとめ

こちらの記事をご覧いただくまで、固定電話恐怖症をいう名前を聞いた事がない方がほとんどだと思います。

そんな中でしっかりと固定電話恐怖症と言うものを認識して、対策していく事が必要になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました