【宝塚】望海風斗が退団を発表!理由や退団後は芸能界で活動?

宝塚歌劇団で雪組の男役トップスターの望海風斗さんが、10月11日を最後に退団すると記者会見の発表で明らかになりました。

これまで約17年間の人生を捧げた望海風斗さんは、仲間やファンのことをすごく大切にしていた為、この発表には悲しむ方も大勢いました。

今回の退団に対して、「一生できるものではなく、若手にも活躍してほしい為、2020年が一つの区切りかなと思っていました」と述べました。

そんな望海風斗さんが退団を決めた理由や退団後にどのような活動をするのかについて掘り下げていきましょう!

スポンサーリンク

望海風斗の退団理由について

望海風斗さんは2003年に宝塚歌劇団に入団し、初めは花組に配属されて活動しており、

2014年に現在の雪組への組替えになりました。

そんな望海風斗さんは組に配属してから、男役としての演技が評価され、トップ就任のきっかけとなった舞台では理事長までもが大絶賛していました。

そんなトップスターとして走り続ける中で、今回の退団を決めた理由について、記者会見の内容をまとめてみました。

  • 『これで退団しても後悔はない』と思えるほど、舞台をやりきった
  • これから若手にもますます成長してほしい

また、組内で仲間の演技をみている際に、「みんなが舞台に集中してる姿を見て、ものすごく幸せな気持ちになり、涙がツーっと出てきた」と述べ、仲間への思いやりも残しました。

望海風斗の相棒・真彩希帆も退団を発表

望海風斗さんが退団することを決めて組の仲間に伝えると、一緒に入団し、これまで共に演技をしてきた真彩希帆さんも「私も一緒に退団していいですか」と返ってきたと言います。

そして、結果的には同時に退団を発表しました。

真彩希帆さんの退団に対して望海風斗さんは、「一緒にスタートして、一緒にゴールを目指していくのはありがたい」と感謝の言葉を伝えました。




望海風斗は退団後は芸能界で活動?

望海風斗さんはこれまでの人生について、「小学生の頃から憧れ愛してきた宝塚は、今までの人生の全て。そのほかの道を知らない。」と述べています。

また、記者会見で退団後の活動について望海風斗さんはこう答えました。

「ずっと男役ばかりを追い掛けてきて、男役以外の私は想像できない。これからゆっくり(自身の気持ちと)向き合っていきたいと思います」

このように話していた為、退団後はまだ未定とのことですが、宝塚を退団した方の多くは芸能事務所に入り、芸能界で活躍している方も多いので、

これまでの元宝塚の方々を見ると、芸能活動をする可能性が高いと思われます。

宝塚を退団後は芸能界ルート?

宝塚を退団した後に、芸能界へ入られる方が多いと説明しましたが、ここでは紫吹淳さんについて取り上げます。

紫吹淳さんは宝塚男役のトップスターとして活躍していた過去があり、現在はバラエティー番組などに多数出演し、女優もしています。

元男役だった紫吹淳さんが女優としてお芝居をすることは、当初はファンの方々からすると相当な違和感だったと言います。

さらに紫吹淳さん自身でも男役だった為、女優としてどうしていいのか不安だったそうです。




しかし、やってみるとさすがは元宝塚トップスターで、これまでの経験や才能を存分に発揮した演技が評価され、現在では女優として様々な番組に出演されています。

その為、今は男役以外考えられない望海風斗さんでも、芸能界に入って女優などとして活躍していくことも十分にあり得ると考えられます。

望海風斗の退団理由や退団後の活動 まとめ

自分自身で納得できる演技が出来、退団することに悔いが無いという所がカッコイイですね。

また、これまで望海風斗さんの男役の姿を見てきたファンの皆様は、女優として活躍する姿を見たいという方も多いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました