安斉かれんの経歴・高校時代は?浜崎あゆみとの関係について

スポンサーリンク

歌姫・浜崎あゆみが誕生するまでの出会いや別れなどの秘話を描いた小説『M 愛すべき人がいて』を原作とした映画の主演に安斉かれんさんが抜擢されました。

そんな安斉かれんさんは現在歌手・シンガーソングライターとして活動しており、今回の役にとても当てはまっています。

また、安斉かれんさんは歌手としてとても評価されており、小さい頃から音楽に関わってきました。

今回はそんな安斉かれんさんの経歴・高校時代や、浜崎あゆみさんとの関係についてまとめました。

スポンサーリンク

安斉かれんの経歴・高校時代がスゴかった

安斉かれんさんは幼少期の頃に父に連れられ初めてのライブに行き、そこで見たアルトサックスの演奏に心惹かれて、中学校では吹奏楽部に入りました。

そして中学校から始めた吹奏楽部ではアンサンブルの県大会で金賞を受賞するほどの努力と実力を発揮しました。

アンサンブルとは:
2人以上が同時に演奏することを言い、合唱・重奏・合唱・重奏などを意味します。
一般的にオーケストラは規定の楽器編成を満たした50〜100人の演奏団体を意味し、これ以外の室内楽をアンサンブルと言います。
 

高校に入学すると音楽の道で行きていくと決心して、高校生活はレッスンに明け暮れたと、とても努力をされています。

安斉かれんは高校卒業後にavexに所属

高校卒業後は渋谷の人気ショップ「RELECT by RUNWAY CHANNEL Lab.」で働き、カリスマ店員として多くのファッションメディアに取り上げられました。

こちらのお店は『avax』が出店しており、働いていたことが関係したのかは不明ですが、

安斉かれんさんは『avax』で歌手デビューを果たしました。

また、デビュー曲となった「世界の全て的に感じて孤独さえ愛していた」は16歳のときに作曲したと言います。

安斉かれんと浜崎あゆみとの関係は?

『M 愛すべき人がいて』の浜崎あゆみ役に安斉かれんさんが選ばれたことについて、お二人にどのような関係があるのでしょうか?

お二人は同じ事務所のようで、ギャルの系統も似ていることから、安斉かれんさんが浜崎あゆみさんにそっくりだと言われることが多いそうです。

また、年号が令和に変わった2019年5月1日にデビューしており、「令和の歌姫」とも呼ばれるよになり平成の歌姫である浜崎あゆみさんの跡を追う形になりました。

そのため、安斉かれんさんの歌声やミュージックビデオを見てみると、浜崎あゆみさんを意識されているようにも思えました。

まとめ

安斉かれんさんは今回のドラマの抜擢が初女優・初演技ということで、期待が高まっています。

また、浜崎あゆみさんのような独特の雰囲気を出しているため、これからますます人気になっていくことでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました