深澤陽一の事務所はどこ?経歴や学歴はエリート!?

スポンサーリンク

衆議院静岡4区の補欠選挙で、異例の当選と話題になった新人の深澤陽一議員

彼は今まで、集会街頭演説で人を集めず、3密を避けてきたことから、徐々に支持を集めて当選に至りました。

そんな深澤陽一議員についての気になる

  • 事務所はどこなのか
  • 経歴や学歴について

についてまとめましたので、ご紹介致します。

スポンサーリンク

深澤陽一の事務所について

深澤陽一議員はこれまで、静岡県で生まれ、静岡県で選挙活動をしていました。

また、今年の2月23日には見事に事務所開きを盛大に行いました。

深澤陽一の事務所はどこ?

冒頭でもお話ししましたが、深澤陽一議員衆議院静岡県4区の補欠選挙にて、自民党公認候補として当選致しました。

この部署では『新型コロナウイルス』の対策に力を入れることを主張しており、

実際に選挙活動期間中も『集会を開かない・街頭演説で人を集めない』などの取り組みをしていました。

そんな深澤陽一議員の事務所は、

『ふかざわ陽一・自民党静岡県第4選挙区支部事務所』

であり、静岡県民にとても貢献しています。

⬇︎⬇︎ホームページはこちら⬇︎⬇︎

ふかざわ陽一|自由民主党静岡県第4選挙区支部長
自由民主党静岡県第4選挙区支部長 ふかざわ陽一 公式サイトです。

深澤陽一の経歴や学歴はエリート!

深澤陽一議員はこれまでに、議員になるために様々な人生を送られているため、

今回は学歴から経歴までをご紹介致します。

深澤陽一の学歴

深澤陽一議員は静岡県に生まれ、高校は『静岡県立清水東高等学校』に進学しました。

こちらの学校は文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクールに指定された経験があるほどのエリート学校で、

卒業生にはアスリートアナウンサーなど、様々な有名人がいます。

高校卒業後は、長野県にある『信州大学』工学部生産システム工学科を専攻していました。

『信州大学』では、理系に力を入れており、科学者など様々な分野で活躍する人材を育成しています。

深澤陽一の経歴がすごい

大学卒業後には、原田昇左右元議員原田令嗣元議員の秘書をしていました。

その秘書の経験から色々と学んで2005年より、静岡市議会議員に当選し、活動を開始しました。

市議会議員を2期6年の活動を続けたのちに、県民から認められて静岡県議会議員として当選しました。

そんな深澤陽一議員の掲げているのが『まず、まちの声を聞きに行く。』と、県民に寄り添った政治活動をされています。

その後、2020年1月20日には『自民党衆議院静岡第4区』の支部長に選任されました。

現在では、消費税の現在や地域の活性化を訴えているそうです。

まとめ

深澤陽一議員は出身地である静岡県で活動をしており、

地元を愛しているからこそ、積極的な政治活動ができているとおっしゃっていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました